現場状況で探す
カウンター素材で探す
横幅サイズで探す
検索結果 : 5件
  • シエラ
    352,000円〜(税別)
    ■商品特徴(メリット) ・リクシルキッチンの売れ筋キッチン。 ・コスパでは、値引率が高いので安く手に入れることができます。 ・デザインでは、一般的なシンプルデザイン。グループ2のライン取っ手でデザイン向上。 ・売れ筋では、グループ2の「ペールホワイト・クリエダーク」が人気。■昨今の一般的なキッチン仕様 ・ワークトップ = ステンレス ・シンク    = ステンレス ・引出し    = スライドストッカー ・水栓     = シャワー水栓 ・コンロ    = ガラストップ or IH ・レンジフード = ADRフード(シロッコ) ・化粧パネル  = 片側設置(同等色ランク) ・背面収納   = 対面型の場合は5割程度が採用 ■商品デメリット ・塗装が気になります(実際にショールームで商品の角をチェックして下さい)。 ・コスパの優れた商品でお求め安いのですが、子育て世代の方が購入する場合は、  子供を考慮すると傷つかず、価格も手ごろなタカラ:エーデルもアリです。
  • アレスタ
    400,000円〜(税別)
    ■商品特徴(メリット) ・リクシルキッチンのミドルクラスで、リフォーム需要がターゲット。 ・2017年春のリニューアルで、シンク内での水切り作業が便利な「Wサポートシンク」が登場。  このシンクは「アレスタ」「リシェルSI」のみ選択可能です。 ・機能では、上位機種リシェルの良い部分を継承し、オプション機器は充実。 ・デザインでは、シンプルモダンなデザインが好評。 ・売れ筋では、グループ2の「ペールホワイト・クリエダーク」が人気。■昨今の一般的なキッチン仕様 ・ワークトップ = 人大(今では6割が人大) ・シンク    = 人大(ひろびろシンク) ・引出し    = スライドストッカー ・水栓     = シャワー水栓 ・コンロ    = ガラストップ or IH ・レンジフード = フィルターレスフード(もしくは同等シロッコフード) ・化粧パネル  = 片側設置(アイランドの場合は両面) ・背面収納   = 対面型の場合は5割、アイランド型で7割程度が採用   ■商品デメリット ・キャビネットのベース材が合板ですので傷もつき、耐久性は一般的。 ・お掃除のしやすさや耐久性を重視する方は、ホーローキッチンのタカラをオススメします。■比較商品 ・商品ページの仕様を選択すると連動して比較商品(同サイズ・同基本仕様)が  表示されますので、ご参考にして下さい。
  • リシェル S I
    601,000円〜(税別)
    ■商品特徴(メリット) ・リクシルキッチンの高級タイプなので、バリエーション豊富。 ・2017年春のリニューアルで、シンク内での水切り作業が便利な「Wサポートシンク」が登場。  このシンクは「アレスタ」「リシェルSI」のみ選択可能です。 ・機能では、らくパッと収納は、他社にはなくリシェルSIのみ。 ・ワークトップに高級感溢れるセラミック素材が選択可能。 ・売れ筋では、グループ2シャイニーウッド「ホワイトレオ・ダークレオ」に集中。■昨今の一般的なキッチン仕様 ・ワークトップ = 人大(今では6割が人大) ・シンク    = 人大(ひろびろシンク) ・引出し    = スライドストッカー ・水栓     = シャワー水栓 ・コンロ    = ガラストップ or IH ・レンジフード = フィルターレスフード(もしくは同等シロッコフード) ・化粧パネル  = 片側設置(アイランドの場合は両面) ・背面収納   = 対面型の場合は5割、アイランド型で7割程度が採用   ■商品デメリット ・上記の条件でリシェルSIの価格を設定すると、とても高額に膨らんでしまう。  後継機種のLIXIL アレスタでも十分であることがわかります。 
  • ウェルライフ
    701,000円〜(税別)
    身体障害者の方や高齢の方にやさしいキッチンです。車イス椅子でも料理ができるように、全てがコンパクトに配慮された収納には感心させられます。 メーカーキッチンでここまでUDに配慮された専用キッチン品はありません。
  • リシェル S I ステ...
    764,000円〜(税別)
    ■商品特徴(メリット) ・リクシルキッチンの高級タイプなので、バリエーション豊富。 ・2017年春のリニューアルで、シンク内での水切り作業が便利な「Wサポートシンク」が登場。  このシンクは「アレスタ」「リシェルSI」のみ選択可能です。 ・機能では、らくパッと収納は、他社にはなくリシェルSIのみ。 ・ワークトップに高級感溢れるセラミック素材が選択可能。 ・売れ筋では、グループ2シャイニーウッド「ホワイトレオ・ダークレオ」に集中。■昨今の一般的なキッチン仕様 ・ワークトップ = 人大(今では6割が人大) ・シンク    = 人大(ひろびろシンク) ・引出し    = スライドストッカー ・水栓     = シャワー水栓 ・コンロ    = ガラストップ or IH ・レンジフード = フィルターレスフード(もしくは同等シロッコフード) ・化粧パネル  = 片側設置(アイランドの場合は両面) ・背面収納   = 対面型の場合は5割、アイランド型で7割程度が採用   ■商品デメリット ・上記の条件でリシェルSIの価格を設定すると、とても高額に膨らんでしまう。  後継機種のLIXIL アレスタでも十分であることがわかります。 
キッチン、バス、トイレ、水まわりに関するお問合せはこちら